決算申告や手続きは税理士に任せよう~決算をラクラクと行う~

弁護士

未来を考え手続き

女性

精神的な障害を持っている方は、自分自身で物事を判断することができず、色々と不便を強いられることがあります。特に、法的な問題など難しいことを判断できないので、成年後見の手続きをしておくと良いでしょう。成年後見は精神的疾患を持った方が不利益にならないようにサポートしてくれる制度で、司法書士がしっかりと援助してくれます。そのため、精神的疾患を持っている家族が入る時には、成年後見の手続きをしておくようにしましょう。また、高齢者の方も同じように自分で判断をすることが難しいので、最近では高齢者の方も良く成年後見を利用しています。

成年後見は主に2つの種類があるので、手続きをするときには注意しましょう。1つが法定後見制度で後1つが任意後見制度度となります。法定後見制度は判断能力を持ち合わせていない方に向け、家庭裁判所が支援者を選ぶ制度となっています。一方、任意後見制度は予め自分自身で支援者を決めておける制度となっていて、自分自身で具体的な案を提示することができます。そのため、後々のことを考えているなら法定後見制度を利用してみるとよいでしょう。自分で好きな人に依頼できますし、その後のことも相談しておけます。自分で手続きをするのは面倒ですが、司法書士に依頼すれば簡単に手続きを終わらせることができます。また、相続手続きもしっかりとしてくれるので、家族がいる人には最適なサービスとなります。このように、成年後見は重要な制度となるので良く考えておくようにしましょう。