日本には、さまざまな国家資格があります。多くの資格が、取得することでキャリアアップや将来の独立開業に役立ちます。
日本経済の停滞もあり、最近では国家資格の取得を目指す人も増えています。
国家資格には、税理士、弁護士、司法書士などの法律に関する資格があります。
これらは、取得することで、独占的な業務をすることができ、人気の高い資格になっています。
しかし、これらの資格は、難易度が高いことでも知られているため、取得するためにはかなりの勉強量を要求されます。

・税理士
税理士とは、税法の専門家です。
税理士の業務にはさまざまなものがありますが、主に税務に関する書類作成や代行を行います。
また、税法の専門家であるため、節税についても詳しく教えてくれます。
現在では、多くの企業や個人の相談を受けています。
税務署との間に立ってくれるため、税の過払いを避けることができます。

・弁護士
弁護士とは、法律の専門家です。法律の専門家には、ほかに司法書士、行政書士などがいます。
弁護士特有の仕事としては、よく知られている通り、刑事事件での被告人の弁護をすることができる点です。
法律の専門家であるため、弁護以外にもさまざまな法律に関する相談をすることができます。
具体的には、金銭のトラブルや離婚問題などです。
最近では、過払い金のトラブルを解決することも増えています。

・司法書士
司法書士とは、法律の専門家の一つです。
司法書士の業務にもさまざまなものがあります。特徴的な仕事には、不動産登記や企業登記などがあります。
最近では、行政書士や弁護士との仕事の住み分けに苦労する面もあります。
相談のほか、簡易裁判に関わることもあります。

おすすめサイト

特許申請は弁護士におまかせ|ライセンスバンク
税理士を頼むなら京都の事務所がオススメです:和田卓也税理士事務所
決算申告について相談するならこちら|アアクス堂上税理士事務所
税理士への相談は大阪で話題になっているここへ!「中央財務」
実力のある司法書士なら東京のこちらにいます|寺西朋美司法書士事務所

Calendar
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031